君をもっと教えて欲しいのさ

甘く危険な予感。

『今泣いたら後悔するから』サマパラ風磨オーラス

Summer Paradise 2017『風 is I?』最終日2公演に行って参りました。

今回はオーラスレポ。風磨くん溺愛コメントと個人的見解の塊。いつも通りセトリ書きませんのでご了承ください

 

 

But…

ショウ・サクライじゃん!!1人掛けソファの!使い方!ショウ・サクライじゃん!リスペクトが過ぎる可愛い。てか、この曲で始まるコンサートなんてイイに決まってる。映像がやばい


LOVE CHASE

個人的に超好きな曲。というか山Pパイセンの曲が大好きなのでたまらんこの流れ。振り付けがとても綺麗だったし、風磨くんが歌うと甘い印象。本家は男らしくカッコいいイメージだったので、風磨くんの色が見えて面白かった。


Tokyo sinfonietta

キタコレ!勝訴!イントロ流れ出した時点で発狂レベル。個人的に風磨くんが似合う音だと思うし、風磨くんの洗練された美しさと品の良さを感じる。


fragile

完璧に風磨くんカラーに染まっていたので、最初違う曲かと思ってしまった。力強くも儚いアンバランスな感じがグッときた


東京ドライブ

これに関しては、風磨くんよりもストバンドを見るのが面白かったかな。優吾さんのベース初見だったのでまじまじと見てしまった。自分の演奏パートじゃない時に、疲れる右手の手首回すっつーか振って解してるのが好き。ストの演奏は安定してるので、耳障りのよい感じがTOKIOさんの曲にぴったりだと思った。


SHAKE

超踊った!!この曲は振り付けが超好きなのでただただ楽しかったし、物心ついた頃からずっと聴いているのでやっぱり盛り上がる。


My life

振り付けが神的に可愛い。もはや引くレベルに風磨くんが可愛すぎて、控えめに言っても大天使。ただひたすらに可愛い風磨くんを拝む会


愛ing

安定にやばい。風磨くんってウィッグ被らなくても女の子だよね…??美脚が過ぎる。性別迷子。要約すると姫。

風磨くんのおしりを触るアクションをする慎ちゃんの手の動きが揉んでるってレベルじゃない動きをしてたけど、それでも指一本も風磨くんに触れないのが見えない鉄壁が見えた気がした。

可愛い曲になると急に王道甘ふわアイドルスイッチ入る北斗くん最高だし超絶可愛い。

優吾さんの声が変幻自在過ぎるっつーかメンバーの声真似うま過ぎるビビる。アイドルってこうゆう事なのかなって思った(違う)


パラダイス銀河

モタモタ着替えてる風磨くんを待つヴァサが可愛かった。ちびジュに服を着せてもらうのがね…やばいよね…主に樹さん。犯罪臭が凄い。


SUMMARY

優吾さんとどっちが高く跳べるか対決する風磨くん。2人とも跳べてない可愛い。転びそうになると北斗くんに掴まろうとするけど2人して潰れてるし、助けてくれ(ようとす)る優吾さんは自分が客席に向かってすっ飛んでくし、とりあえずB.I.Shadowわちゃわちゃし過ぎ渋滞やばい可愛過ぎ。目の前ですっ転んだ北斗くんが「やばい!見えちゃう!」って股間抑えてるのもう爆笑だったし、幾度となく上手席に落ちかけた優吾さんはもう見えてたと思う(確信)

最後の最後に一発芸やらされた風磨くん。メンバーのモノマネ

  1. 勝利の「Sexy Rose」
  2. 聡ちゃんの煽り曲の煽り方
  3. マリウスの歩き方
  4. 健人さんの現場入りする時の歩き方

ちび3人の時はローラー履いたままやってたのに、健人さんの時に急にローラー脱ぎ始めて本気モードなの流石過ぎる。はいはい、ふまけんふまけん。


コント

お父さんになりたがってる風磨くん。『優しい』を『やらしい』と言い間違える風磨くん可愛すぎだし、やらしい嫁=松村北斗なの最&高。


太陽の世界

嵐さんの煽り曲って爽やかでとっても素敵だなぁと感じることが多いのだけど、今回もそれだった。


Hello

バクステでぴょんぴょん飛び跳ねる風磨くんうさぎさんみたいだった


MC

ストのオールバックについて。テキトーに文字起こし

風磨「SixTONESはオールバックですけど。それは何?決まりなの?」

樹「これを破ると神からの祟りがあります」

風磨「誰得なの?」

ジェシー「視界が広くなるよね!」

樹「あと整髪料の会社がちょっと儲かるくらい」

風磨「オーラスはオールバックなんでしょ。若干数名オールバックじゃない人いるよね!線引きしよ!」

(客に聞いていく風磨)

風磨「樹はオールバックでしょ。ジェシーもオールバックだよね。慎太郎も…いいよね?京本は九部バックかな。高地は美容師だよね」

高地「おれカッコいいじゃん」

風磨「北斗はさぁ…それでいいの?」

ザワザワし始めるスト

北斗「おれはさぁ、アレなんだよ」

J2爆笑

風磨「それハーフバックでしょ」

爆笑しながら優吾さんの方を見る北斗くん

高地「わかった!おれが責任持って言うから!北斗がやるとサンチェさんみたいになるの!」

風磨「まぁ、似合う似合わないありますからね。おれオールバック似合わないし。でもいいよね!決め事みたいな」

「誰得なの?」って言う風磨くん最高過ぎるし、そのくせ最後は「いいよね!」で締めちゃうの超風磨くん。自分がオールバック似合わないって自覚してるの可愛すぎて笑った

ゲストは千賀さん。「ケント違いの健永でぇ〜す!」って入ってくる千賀さん自虐が過ぎる辛い。ストが怖いって言う千賀さんに「キスマイ兄さん鏡見たことないんすか!?!?」って返す風磨くん秀逸すぎた。まじそれな。


First Love

懐かしいの一言。風磨くんは声がキレイだから女性歌手の曲が良く似合う。個人的には椎名林檎歌って欲しさしか無いので、椎名林檎さん!風磨くんに曲書いて下さい!!お願いします!!!


Amazing!

何回見ても胡座のインパクトすげぇ。踊りたいタイプのヲタクなのでこの曲は毎回楽しめる(流石に胡座はやらないが)。最初は勢いで披露していたようなイメージだったけど、良い意味で慣れてきたというか。彼らのパフォーマンスが安定してきたように感じた。


この星のHIKARI

SixTONESの曲で一番好き。ちびジュを引き連れてるストちゃんは新鮮だったし、激しい曲が多い中でこの曲はキーになるなぁと感じた。


rouge

ベッドを模した透明のパネル。その下から当てられる大量の照明とスモーク。演出がキスっぽい。本物のベッド使われるのもえろかったけど、ただのパネルに寝転ぶ行為が逆にヲタクの想像力を引き立てるから超えろい。


…more

絶対泣くじゃん!前曲からこの流れ泣くって!いい曲だよなぁ…個人的に前曲からこれの2曲が一番良かった


My Lovin’ Season

ファンが歌った後に風磨くんがファンに「最高」って言ったと思うんだけど、前の席のヲタク(風磨担と樹担)が「よくできましたって言って欲しかった」って嘆いてて爆笑だった。

 

T.A.B.O.O

やったなぁ〜〜爆笑!!!コレはやっちゃったなぁ〜〜爆笑!!!やると思ってたけど!!ここまで来るともはやリスペクトの範疇を超えてモノマネですよね!?!?風磨くんのヲタク脳可愛い愛おしい好き。


喜びの歌

背中合わせで歌うふまじゅりがやばい。感極まってる風磨くんほんのり涙目で樹さんに寄りかかってて、ふまじゅりぃ〜〜〜〜〜!!!ってなった


20-Tw/Nty-

普通にいい曲過ぎて泣ける、はずなんですけど。この辺りから隣の健人担の涙腺が緩み始めてきて涙ひっこんだ。


素晴らしき世界

涙こらえてる風磨くんにグッと来た。それ以上は、うん。察してください


oh! yeah

この曲好きすぎる楽しい。C&Rある曲どんどんください。

 

 

これから書くのは私の個人的すぎる見解ですが。

「ぼくは死んだ」という言葉から始まるこのコンサート。Sexy Zoneとして生きていくことを決めた彼。「死んだ」というのはセクゾになるために今までの菊池風磨が「死んだ」という意味ではないだろうか。これはあくまでマイナスな意味の死ではなく、セクゾとして新しい菊池風磨に生まれ変わるために「死んだ」という意味。輪廻転生的な思考だ。前を向いて進もうとしながらも、やっぱり少し昔のことに後ろ髪引かれている彼が、最後の思い出作りとして選んだ場所がこのソロコンだったように思う。時が流れてしまったけれど、心だけはあのときのままで。過去と決別するために、「後悔の無いように」このコンサートをしよう。そんな思いが見えた。

風磨くんが健人くんに「オーラスは来ないでほしい」と言っていた理由がわかった気がした。最終日は本当に、ゆごほくと。昔の仲間と。お別れをする日で、風磨くんは「みんなから今日の記憶を無くしてほしい」という言葉を使っている。昔の仲間と生き返ってまで過ごしたかった時間を、夢幻にしてほしいと。でも、風磨くんは健人くんの中の自分がいなくなるのが嫌だったのではないか。せめて彼の中では、死にたくなかったのだと思う。

 

色々書いたけれど、簡単に言うと風磨くんはこの先の未来をセクゾ担にあげるよ。ってことだと思う。それが何年先までかはわからないけれど、きっと彼がアイドルとして生きている限りの話だろう。ましてや健人くんなんか1000年先の未来まで約束してくれている。セクゾ担は本当にうらやましいと思った。

だからせめて。過去は、10年にも満たない少しの時間だけは。美愛担の思い出として心に留めさせてくださいな。

 

 

なんてね