君をもっと教えて欲しいのさ

甘く危険な予感。

人生の半分以上費やしてもまだ知らないことだらけだな、なんて思う今日この頃。

今回大波乱を呼んだ『さいたまスーパーアリーナJr.祭り4.8昼・夜公演』で、電子チケットというものに人生で初めて触れた私。

今後ジャニーズのチケットに増えてくるであろうこのシステムについて、今回の確認というか。今後の資料程度にまとめておこうと思います。 

 

 

  • 当選確認後、Pay-easyにて支払い。
  • 支払い後、確認メールが届く。整理番号記載。
  • 数日後、デジタルチケット(QRコード)準備完了メールが届く。記載URLにて前メールの整理番号を入力し、QRコードを表示できる。コード上下にはスクショ防止の点滅あり。細かな座席の記載は無く、入場時に確認。
  • 入り口で座席が記入されたレシート式チケットを受け取り入場。身分確認は無し。人数は口頭確認。

流れを大まかにまとめるとこんなところ。

支払いまでの流れは、今までのネット申し込みシステムと同じ。その後、紙のチケットが届くかメールが届くかってだけの差。入場時に貰うチケットは、レシート式とはいえチケットの形をしているので形にはしっかり残るかな。公演毎にちゃんと色も違いましたし

スクショ防止の点滅や座席の記載が無いのは高額転売防止の為と思われるけど、身分確認も無いし正直言ってチョロい。今回定価割れチケットも多いから、確かに高額転売防止にはなっているか…笑

しかも人数が口頭確認の為、連番の場合は同行入場しないとちょっと怖いかな。チケット詐欺多発の予感しかない。

これも高額転売防止の為だと思われるが、ゲート毎に座席が決まっている訳ではない為、どのゲートでもアリーナの可能性あり。

 

今回公演が電子チケットだったのは当日までの日数があまりなかったから、という理由もありそうだけど。これからジャニーズのチケットは電子化されて行くということだろう。去年の嵐さんの公演ではこのシステムが導入され、席によっては簡単な顔認証があったと小耳に挟んでちょっと怯えてはいたのですが。すばるさんの公演も電子チケでしたし。しかも今年のキスマイのツアーはこのシステム初導入だとかで、一ヶ月ほど前は大騒ぎだったキス担……明日は我が身、と。思いつつ。

そして迎えた今回。機械トラブルに始まり、死ぬほど人数の多いAゲートに困惑のヲタクたち。散々並んだ癖に席がないって何?チケ難民ならぬ座席難民とは?やっとの事で入れた会場はスッカスカ。事務所側の全トラブルについて謝罪し、時間を埋める為に喋り続けるJr.達。しかし永遠に彼らの姿が見えることはなく時は過ぎ、そろそろ始まるかな?と思いきや流れ出した17分の謎の特別映像。最終的には1時間15分程の遅延。

 

とりあえず一言言わせて………ハァ??

 

まず、ゲート毎に人数差がありすぎた。圧倒的にAゲートの人数が多く、昼夜共に死ぬほど列が長かった。その要因としては、1階から5階まで万遍なく振り分けられたせいね。その癖、3階以上の席へスタッフが誘導や列を作る等は無く、逆サイド・Bゲート組と正面衝突し押し合い圧し合いのエスカレーター前。皆さん、お怪我は無かったでしょうか?

そして、機材トラブルはどうせあるだろうとは思っていたけれど、席が無いって何?私が席に着いた後も、既に座っていたヲタクがスタッフに声を掛けられ立ち去る光景はちらほらと見えて。昼はリア友と参戦していた為、彼女をこんな状態で帰せない…と、怯えながら開始を待つ状態。しかも話によれば、席が無いヲタクたちは返金されて帰されるって?え?ナニゴト?全員が思ってるだろう、金じゃねぇよ!って。1公演終わる毎に、席あった?って確認し合う現場なんてたまったもんじゃない

開演前、1時間以上続いたラジオMC。本当に泣きそうだった。こんなにもキャストが謝り続ける公演って何なんだろう。安井くん、頑張ったね。お疲れ様でした。ごめんね、もう言葉も出ない。

 

 

今後、どうチケット事情が動いていくのか。まずは目前に迫った運動会。自担に会えないから凄く凹んでいたのに、こんな事があったから電子チケの現場がトラウマで、運動会当たらなくてよかった…とさえ思ってしまう。本当に悲しいことにね

 

今年はHey!Say!JUMPの10周年ツアーですからね…どうなることやら。大事な大事な10周年くらい、素晴らしいコンサートだったね!って。ちゃんといい思い出になる現場にして欲しいな

 

 

二度と。こんな思いはしたく無い。

たったそれだけ。