君をもっと教えて欲しいのさ

甘く危険な予感。

綺麗に無邪気に永遠に…DEAR.大阪最終日…

7月28日、大阪城ホールで幕を開けた今年のHey!Say!JUMPのツアー。

前日にはグッズのプレ販売で今までにないほどの長蛇の列、初日からペンライトの売り切れなど、ツアー初っ端からバタバタ。大丈夫か?なんて心配の中、なんとか大阪公演が終了しまして。

そんな大阪の最終日2公演をゆる〜くレポ

セットリストは皆さんあげてくださってると思うのでここでは書きませんが、ご了承ください。

 

 

Invitation

OP映像から今まで以上にこだわりが見えた今回。

招待状を書き、仮面舞踏会へとファンを招待するところまでのストーリーが可愛らしくまとめられていて。映像の彩度を低くすることで、可愛らしさの中にも大人っぽさを演出。今回の「DEAR.」というツアータイトルと、メインとなる曲でもありテーマにもなる「Masquerade」を本当にうまくつなぐ演出だったと思う。現実世界から彼らの世界へとファンを引き込む素敵なストーリーだった。

個人的に、裕翔くんの運転する車に乗る涼介さんってゆうのが美味しすぎて噛み噛み。

仮面ペンライトを持って笑顔で横に揺れるスタッフさんはちょっと怖かった…笑

 

Masquerade

衣装がダサい!可愛い!安定のダサ可愛いHey!Say!JUMP。曲もダンスもとってもかっこいいのに衣装に着られている感が拭えなくて可愛い。

そして、かつてないほどに腰を回す光くんと、それをえげつない角度で抜くカメラ。会場に響き渡る悲鳴…というか絶叫?

そして♪踊ろう tonight〜の雄也さん。お・え・ろ・い!とにかくおえろい!言葉にならない。

 

RUN de Boo!

ファンもメンバーも、乗り切れてないような気がした。テンポ的に煽り辛いのか、ファン的に乗り辛い音なのか。ペンライトとかC&Rが揃ったらもっとコンサート自体の勢いに繋がるのかも。

 

Viva!9’s SOUL

前回と歌詞が変わってた!ということは、今後何年もずっとこの曲を更新していくという意思の表れかな。有岡さんの『スニーカー\大好き/』が頭に残りすぎて、直前の自担の記憶がありません。

 

ウィークエンダー

BESTコーナーの衣装替えの為、後半BESTがハケる。やまちね、ゆとけとに分かれて上手と下手に。下手にて、両公演ともやまちねいちゃいちゃ。顔近すぎ!でも通常営業!他でやまちねの絡みがなかったので、下手席でしっかり見たかった案件。

 

Speed it Up

衣装は「FOREVER」のリメイクかな?既視感がある衣装だったのでおそらく。

1番の雄也さんのセリフに対して2番は、1部は光くん、2部は慧さん。光くんは『めちゃくちゃにしてやるよ』だかなんだか。慧さんは『もう動けないよ』でした。雄也さんの言葉に返答する慧さん!ここでまさかのいのたか…昇天

 

パーリーモンスター

ヘドバン出来る曲!そして脱ぐ!涼介さんが腰につけてたしっぽが懐かしすぎて…昔、仁様に憧れて私もつけてたのを思い出した。時代感じる…久々にがっつり頭振らせてくれたので大満足

 

今夜貴方を口説きます

2014年「RELODE」の衣装リメイク。スタンドマイクといい、首から下げたファーといい、サングラスといい…タキツバ先輩かな?恋の花を美しく咲かせそうなビジュアル。慧さんはハート、光くんはノーマルなサングラス。1部で慧さんはサングラスをかけていなかったような気が…気のせいかも。

パラパラというのが素敵だし、個人的にスタンドマイク芸大好きだし、ファンを巻き込んでいく感じが良かった。

 

order

この曲の記憶がまるっと抜けていたのですが…涼介さんの声で記憶を辿って、あ!椅子のやつ!なんて程度の私の酷い記憶力。

椅子の演出と振り付けとのギャップを感じる曲ではあった。椅子の演出はJAZZっぽい印象で、ダンスはHIP HOPとかR&Bのテイストに近い気がした。椅子を使う演出は悪くないけど、9人だと流石に多い気はする。

 

愛のシュビドゥバ 

ペンライトの色を変える演出と、簡単な手振り。これは実際に私が、ペンライトの色を変える演出が1部の時にわからなかったやつ。スタンドからだと色が見えずらかったのもあるかもしれないけど、本人たちがその時に何も言わないというのは大きいかも。MCの時にその話をされてからやっと、変えるのねあれ!と気付いた程度。1公演しか入れない人は悔しい思いをするやつだ…と思いつつ。横アリからは曲中に煽りとかしてくれたらいいな、と。去年の「ヨワムシ★シューター」で9ぷぅが教えてくれるの良かったのに…少し残念

 

We are 男の子!

スタンドマイクにタンバリン。隣の裕翔担は「お遊戯会!涼介さんお遊戯会!」と叫んでいた@2部

このコンサートでの可愛い曲は、前曲から次曲までの3曲(ユニット曲は除く)なのだろうが、思いの外可愛いが少なかったような気もする。いつもの可愛い可愛いコンサートとの区別をつけたかったのか…この曲はもっと、ぶりぶりキャワゆい♡きゅるるん♡でもよかったんじゃないかなぁとは思う。それは個人個人の見せ方の問題でもあるので一概には言えない

 

MCFrom.〜MC

増田さんが作ってくれた衣装のお話等、諸々。正直、2部のチュー事件で他のことほとんど覚えてません…ってことでチュー事件をなんとなくまとめ

 涼「光くん、Viva!〜の時ふざけすぎ。(知念紹介時)」

 やまひか言い合いになる→ダチョウ倶楽部のチューの流れに

 ギリギリまで距離を詰めていく光くん。待ちの体制の涼介さん。

 触れるか触れないかのところで全力で逃げる涼介さん

 薮「山田の唇奪っていいのは中島裕翔だけだぞ」

 裕「え?」

 本気で動揺する裕翔くん。からの、顔を見合わせるやまゆと。

 ちゅーの流れのまま曲に突入。案の定光くんのターゲットになる涼介さん

 隣でできるだけ平静を装う裕翔くん(顔が怖い)

 とうとう、光くんが涼介さんのほっぺたにチュー。

 サビに入り動き出す裕翔くん(笑えてない)

 遠くで一連の流れを見ていた薮様(同じく笑えてない)

 今度は涼介さんが慧さんに顔をギリギリまで近づけて迫る(もはや裕翔くんの顔見れない)

 曲が終わって、ありやまは衣装替えのためにはける。

 薮「お前まじでキスしてんじゃねぇよ」

 光「なんかね、柔らかいものが唇に触れた♡」

 まじでおこ(怒)な薮様。と、なんだか楽しそうな光くん。

 巻き込まれたただの被害者慧さん。

 そして、本人不在の中行き場のない怒りと戦う裕翔くん。(テンション激低のまま番宣)

大体こんなところ。「From.」はとってもいい曲なのにMCに挟まれて窮屈な気分なのが少し残念だけど…だからこそ起こった今回の事象!美味しかったので文句なし!

 

My girl

モニターで流れるサンドアートの映像がとってもありやまっぽかった。映像がモノクロだったこともあってか、とってもシンプルな衣装で良かった。衣装や映像に飾り気がなかったおかげで、2人の歌とダンスが引き立っていた。

 

僕とけいと

か・わ・い・い!この一言に尽きる。本気でかわいい愛おしい癒し。けとちね天使。上手アリトロ通るけど、楽しそうに戯れる天使たちの視界に私たち下界の人間共は入っていないだろう。天使を崇めるお時間

衣装は白ベースにピンク、黄色、水色…パステルカラーのリボンとハート。手首につけたお揃いのファーのシュシュは知念さんがピンク、圭人さんが水色。

ファンと一緒に踊れる振り付けもかわいくて楽しくて素敵。

 

ChikuTaku

上手、スポットが落ちたところに居たのが涼介さんで、え?と動揺。バンド体制にすることにより、光くんのパートが涼介さんに変更。カウコンの『これぞやぶひか曲!』って感じの演出が素敵だったのでその点では少し心苦しいところだが、それも承知で涼介さんに自分のパートを引き渡した光くんの思いを考えるとそれはそれで認めざるを得ない。結果、バンド演出はすごくかっこよかったし、背中合わせのやぶひかも見れたのでよかった。やぶひかはそんな小さなことじゃ崩れない

個人的意見としては、もっとバンド曲が見たかった。

 

Mr.Flawless 

衣装は「Chiku Taku」のまま。センステ。そして、今回波乱を呼んでいるバラを手渡す演出。1部は確か上手から雄也さん、薮様、裕翔くん。2部は薮様、裕翔くん、雄也さん。相方は薮担なので隣で死んでた(いろんな意味で)

個人的にバラを使う演出はイメージ通りだったし良いと思うけど、手渡しよりも投げる方がかっこいいかな…とは思う。あと♪証拠も残さぬ犯行〜っぽいかな、と。笑

 

SUPERMAN

シャンデリアに乗るなんて誰が想像できただろう。そして裕翔くん、あなたが振り回してるそのボロボロの黒い旗はなんだ。わからねぇ!凡人の脳みそには到底理解できねぇ!なんか海賊っぽい!?というのが凡人の感想

 

Tasty U

わりとR指定。跪いて腰を振るって…JUMPくんたちってそんなグループでしたっけ…?正直やまゆとしか見てなかった(というか、見えなかった)ので、やぶひかのいちゃいちゃ見逃しました。

そもそもこの曲はとってもやまゆとっぽい曲だな…というのが自分の中であって、そう思って見たからこそ裕翔くんの腰振りエグいわ、涼介さんかわいすぎるわ、脳みそパンク寸前。とりあえず映像化待ち

 

Ride With Me

ここまで振り付けが変わるものか!と驚き。というか、これほど変える必要があったのか。元々の振り付けも十二分にカッコよくて、彼らの曲の中でも指折り数えるレベル。それをここまでカッコよくカッコよく…と、今彼らができるカッコよさを極限まで極めているように見えたこの曲。きっと彼らの求める『かっこいいHey!Say!JUMP』は、私たちの考えの範疇(少なくとも私の考えの範疇)にはない。そんなことを考えさせられた一曲。

 

Dear.

やっぱりラストはこれ。雄也さんがセンターというのが、今回のツアーを本当によく表していると思う。かっこいい曲が多い分、自ずとお兄ちゃん達が前に出されるというのがあって。実際に歌割りや立ち位置を見ていて感じることでもある。特に目立つ最年長2人の存在、圧倒的な大人っぽさ、この曲がバラードだからこそ強調されているように思う。圧巻。

濃いめのピンクの衣装がとっても印象的だった。ここでも可愛さは忘れないのが、やっぱりHey!Say!JUMP。

 

アンコール

曲は「Magic Power」と「愛すればもっとハッピーライフ」の2曲。相方より訂正。私の記憶信用ならない…

2部はWアンコールで「Romeo & Juliet」という安定の1曲。ここで出てきた圭人さん扮するケイティー(性別不詳)が面白すぎて腹筋崩壊。圭人さんを見て爆笑するやまゆとちねの同級生3人が平和すぎて。やらせたのお前らだろ?と思いつつ。笑

 

 

まだまだ書き足りないけれど…こんなところ。

涼介さんの可愛い顔も見れたし、裕翔くんは安定に旦那だったし、やぶひかの絡みも見れたし、けとちねは天使だったし、有岡さんはカッコよかったし、雄也さんは綺麗だったし、慧さんはやっぱり慧さんだったし。笑

今回も楽しませていただきました!大阪お疲れ様でした!

次は横浜アリーナ頑張ってね