読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君をもっと教えて欲しいのさ

甘く危険な予感。

Sexy Zone「Love Confusion」から見えるふまけんの今。

これを考えるきっかけになったのは、7月13日に放送された少クラ。(再放送は7月15日)

もともと音源の段階から好きだなぁと思っていたこの曲。作詞が松井五郎さんなので、Sexy Zoneとしては久しぶりに松井さんの綺麗系ソングかな?なんて思いつつ。彼らの曲で松井さんの綺麗系ソングというと、パッと思い出せるのは「君と…Milky way」くらい。松井さんはやっぱり「勇気100%」のせいか元気な曲のイメージが強いけれど、個人的にはしっとりした曲に乗せた歌詞の方が好き。だから少クラで流れ出した時に、私の好きな曲だ!と画面に食いついてしまって。それが間違いだった。まんまとふまけんに堕とされた。

今日は、放送部分の歌詞解釈ついでにふまけんの今について考えます。

 

これは、1人のヲタクの趣味と偏見の塊。ふまけん好きによるふまけん好きの為のふまけんの物語。

 

 

まずはサビ。ここはお互いに心の中に秘めた相手への想い。

普段から気持ちを言葉にする健人くんと、あまり素直になれない風磨くん。お互いに寂しい思いが募っていて。そんな中、元々持つ美しさに磨きをかけ、男らしさまで備わってきた健人くん。そんな健人くんに相応しい相手になろうと、どんどん可愛く綺麗になってきた風磨くん。風磨くんの思いを知らない健人くんは、それに少し焦ってる。お互いの思いが交錯している。

 

Aメロ風磨くんパート♪おかしいな〜で、彼が気持ちに気づくところ。

少クラのカメラで♪また見逃して〜の風磨くんがアップのカット。フェードインしてくる健人くんの横顔は、風磨くんからの視点で彼の姿を見ているような錯覚に陥る。

 

勝利くんのパート♪近くて遠い〜で、彼を後方から写すカット。画面右手に大きく映される健人くんと、その陰に隠れてほとんどカメラに映らない風磨くん。手を握れる距離にいるのに距離を感じている、というのは健人くんの苦しそうな表情からも見て取れる。

 

Bメロの♪恋のはじめと〜は、健人くんの不安なのかな?

はじめは、健人くん!って尻尾フリフリしてた風磨くんも今ではちょっと塩対応で。心が通い合っていることはわかっていても、はじめと違う彼の『心のかたち』に多少の不安を抱いている。

 

サビ前の♪君が見つめてる僕は〜から、お互いに気持ちを投げかけるところ。

普段から風磨くんのことを見つめてる健人くんと、健人くんの見てないところで彼のところを見つめている風磨くん。お互いに見られていることはわかっているから、どんな思いで見つめてるの?どう見えてるの?と投げかける。

 

そしてサビ。♪夢中にさせる〜のふまけんのアクションが対照的で、よく彼らを表しているように思う。健人くんのまっすぐ正面を見つめ相手を引き寄せるような動きは、自分を夢中にさせる相手の全てを手に入れたいという思いの表れ。風磨くんの手で目を覆いクラクラする頭を抱えるような動きは、夢中になって何も見えなくなり溺れていくといったところ。独占欲の強い健人くんと、まさに恋は盲目という言葉が似合う風磨くんの、理想的な『ふまけん』の図。だからこそ♪そのまなざしを そらせるはずない〜健人くんと♪僕の全部 持ってかれちゃう〜風磨くんにつながる。

 

そしてCメロ。これはカメラワークが本当に素晴らしかった。健人くんに始まり、メンバーを一通り写してからの風磨くん。隣に座っているのに敢えて並べて映さないことでAメロで歌っていた♪近くて遠い 距離〜を表しながらも、ワンカットで撮ることによってふたりがしっかりと繋がれていることを表しているのだろう。

♪ずっとそばにいて〜からの健人くんパートは彼の純粋な風磨くんへの想いなんだと思う。そして、なんだかんだ伝える時はどストレートな風磨くん。カメラを引き寄せた時の表情が優しすぎて、健人くんにはこんな顔見せちゃうの?なんて思ってしまった。

ここで見えるのは、実は恋に盲目なのは健人くんで独占欲が強いのは風磨くんだってこと。風磨くんがファンに見せたい理想的な『ふまけん』と、リアルな『ふまけん』は違うことがここでわかりやすく見えてくる。

 

最後のサビはただの2人の惚気かな。健人くんが♪切ない〜と口にしても、恥ずかしがって答えてくれない風磨くん。お互いにお互いが綺麗になってくのが悪い!って痴話喧嘩。健人くんが妬いてくれて、内心してやったりな風磨くんってところ。

 

 

こうして見えてくるふまけんの今。

色んなことが彼らの心の中で整理がついてきて、ようやくイチャイチャできるようになった2人。それは最近健人くんにデレデレな風磨くんを見ていれば良く分かることで。幸せな今だからこそ、今まで心に秘めていた思いを言葉にしてみよう。ってゆうのがこの曲なのではないだろうか。

 

長かった風磨くんの反抗期も終わり、久しぶりに春が来たふまけん。もうちょっと楽しませてくれるかなぁ…と期待している私です。

 

1人のヲタクの趣味と偏見の塊。ふまけん好きによるふまけん好きの為のふまけんの物語でした。