君をもっと教えて欲しいのさ

甘く危険な予感。